【Work from home】社員から見た在宅勤務は?Marketing編

ダッソー・システムズは国の緊急事態宣言に従い、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、全従業員が在宅勤務を実施しています。ここでは在宅勤務に取り組んでいる従業員の感想と仕事の進み方を職種ごとに紹介します。今回は、パネルディスカッションの形でMarketingチームに所属しているSATOさん、NASSIさんに在宅勤務の実施状況を聞いてみました。
 

―部署名と仕事内容を教えてください。

 

SATO:私はMarketingチームで広報業務全般を担当しています。2020年2月最終週から在宅勤務に移行しました。

 

NASSI:私はフランスからのインターン生です。現在はMarketingチームに所属しています。今年の1月に、ダッソー・システムズに入社しました。2月からはMarketingニュースレターを作成する仕事を与えられ、コンテンツの収集から、ニュースレターの執筆、デザインの依頼などの実務を担当しています。緊急事態宣言が出される前の2月下旬に、私のマネージャーから在宅勤務するよう勧められたので、その頃から在宅勤務を始めました。

 

NASSIさんの在宅勤務環境にて

 

―在宅勤務での仕事の進め方を教えてください。そして、在宅勤務の中で、チームメンバーとはどのようにコミュニケーションをしていますか?

 

SATO:私はできるだけ平時と同じように9時から仕事に取り掛かります。家族全員が自宅待機で、それぞれのオンライン会議やオンライン授業もあるので、席は決まっていません。自宅ノマドワーカーです。私は週1-2回の定期ミーティングに参加したり、チームの社内オンラインコミュニティに週報をあげたりして、お互いの動きが把握できるようにしています。それ以外にもSkypeでの電話やチャットで連絡を取っています。

 

NASSI:私は事前に毎日のタスクをOutlookの予定表に書き込んで、一日中に各タスクの通知を受け取って作業進捗を管理するようにしています。チームメンバーとの連絡は主にWeb会議やSkype、メールなどを利用しています。

 

在宅勤務中のSATOさん

 

―在宅勤務に入ってから、担当しているプロジェクトをどういう風に進めていますか?

 

SATO: 5月28日に初めて、オンラインで記者説明会を開催しました。オンラインミーティングでリアルと同じように、プレゼンスライドとスピーカーと動画を切り替えながら見せること、また、そのための機材や設定などのノウハウが全くなかったため、社内の何人もの人に聞きながら少しづつ不明点をクリアしていくのが大変でした。

 

NASSI:プロジェクトの進め方はあまり変わりません。しかし、オフィスで勤務する時は、プロジェクトに関して困ったことがあれば、周りの人に声を掛けてすぐ聞けますが、在宅の場合は相手がすごく忙しい可能性があるため、Webでコンタクトを取る時間はかかります。

 

―現在の状況において、他国チームとはどのように連携していますか?

 

SATO:平時と変わりません。3DEXPERIENCEのプラットフォームを使って情報共有をしていますので、特に支障はありません。

 

NASSI:現在、他国との連携の際にはメールまたはWeb会議でのコミュニケーションを実施しています。

 

―在宅勤務で感じているメリットやデメリットを教えてください。

 


SATO: 聞きたいことがあるときに、相手のSkypeのステータスを見て、すぐにチャットで確認できるのは良いところです。しかし、誰に聞けばよいかわからないような疑問がでてきたときに、会社であれば、声にだして話していると通りかかった誰かが答えをもっていたりして、解決できるが、在宅勤務の場合はそれができなくて困ることがあります。

 

NASSI:自宅で仕事をする場合は、柔軟なスケジュールで働くことができます。1日のスケジュールを好きなように調整したり、休憩に自宅でヨガをしたりすることができます。プレッシャーも減りました。また、仕事に出かけて家に帰るのにかかる時間を気にする必要もありません。一方で、在宅勤務は孤独感を招きがちです。仕事が一段落して、周りの人とちょっと雑談しようと思っても、話し相手がいないです。人と喋れないのはやはり辛いですね。

 

―業務効率化を図るために、どういう風に工夫していますか。

 

SATO:メールでのコミュニケーションが増え、平時以上に文字を読むことが多くなっています。読み飛ばしや誤読も増えるので、自分から出すものはタイトルも要点もできるだけ簡潔に書き、こまめにチャットや電話でフォローします。

 

NASSI:タスクの依頼メールを受信するたびに、急ぐ場合は 速やかにやり始め、そうでない場合はそのタスクをOutlookの予定表に書き込みます。一日の仕事が終わる前に、私はOutlook予定表をチェックするように心掛けています。この習慣はタスクを整理するのにとても役立ちます。

 

―在宅勤務でのリフレッシュをどういう風に行っていますか?

 

SATO:社内のオンラインコミュニティを「バーチャルカフェテリア」として開放し、社員がだれでも写真やコメントを投稿できるようにしました。ランチの紹介や犬の動画など、たわいのないやり取りですが、息抜きになっています。個人的には習字をはじめました。週に数回、朝に筆ペンで基本の運筆をすることで頭がすっきりします。

 

NASSI:ベランダに出て外を眺める息抜き時間を取ったり、ストレッチしたりしています。

 

―ありがとうございました。

 

ダッソー・システムズでは多様で柔軟な働き方が可能になります。現在の困難な状況においても、社員が明るく前向きに乗り越えられるようにサポートしています。

 

2021卒の新卒採用を行っております。
是非とも応募ください。
下記リンク先の画面左下にある「エントリー」ボタンをクリック
https://careerforum.net/ja/event/tks/companylist_63/2630/14771

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.