「最大の挑戦は、毎日、自分を信じること」 2022年のSIMULIAチャンピオンが語る、女性エンジニアのチャレンジと成功

ダッソー・システムズではエンジニアリング分野を中心に多くの女性社員が活躍しており、また各国の女性ユーザーの皆様に当社製品を活用いただいていることを誇りに思っています。当社のSIMULIAブランドが展開している「Women in Engineeringシリーズ」では、シミュレーションの分野で活躍する優れた女性エンジニアを紹介しています。本日は、フィンランドのRadientum社のシニアアンテナエンジニアであり、2022年のSIMULIAチャンピオンに選ばれたKaterina Galitskayaさんをご紹介します。

 

本日は、フィンランドのRadientum社のシニアアンテナエンジニアであり、2022年のSIMULIAチャンピオンに選ばれたKaterina Galitskayaさんをご紹介します。

 

©Katerina Galitskaya

 

あなたのタイトルと、Radientum社で担当していること/取り組んでいることを教えてください。

私は、Radientum社のシニアアンテナエンジニアです。私の仕事は、顧客のためにアンテナのコンセプト、設計、検証を行うことです。日常業務では、CST Studio Suiteを使用してアンテナのコンセプトを作成し、詳細なシミュレーションを行っています。また、プロジェクトマネージャーとして、お客様とのコミュニケーションや、プロジェクトの全工程の管理も行っています。

 

毎日、どんな思いで仕事に取り組んでいますか?

さまざまなプロジェクトに携わることができ、それぞれ異なるアプローチで仕事ができることです。私は挑戦することが好きで、たとえそれが些細なことであっても、解決策を見出すことができるのです。私のチームは非常に優秀なエンジニアで構成されており、彼らは自分の経験を共有し、必要であればいつでもそばにいてくれます。

 

エンジニアになろうと思ったのはいつですか?また、なぜですか?

父が電気技師なので、幼い頃からこの職業について知っていました。最終的に決断したのは、大学選びのときだったと思います。もともと数学や物理が好きだったので、工学は向いていると思いました。

 

エンジニアとして、特に女性エンジニアとして、最大のチャレンジや成功は何ですか?

私にとっての最大の挑戦は、毎日、自分を信じることです。複雑なテーマでも自分の意見を貫けるだけの自信を持つことです。プロジェクトが成功し、顧客やチームから良い評価を得たときは、とても誇らしく思います。最近、SIMULIAのチャンピオンになったことは、私にとって大きな喜びであり誇りです。このような素晴らしい、熟練したコミュニティの大使になれることを嬉しく思っています。

 

あなたの原動力やインスピレーションとなるものは何ですか?また、あなたのお気に入りのアハ体験の瞬間について教えてください。

テクノロジーと進歩が、私を最も刺激します。私は、自分の専門分野の技術革新について学び、それがどのように人々の生活を向上させるかを考えるのが好きなのです。今日、私たちはあらゆるものをワイヤレスにしています。私は、5GやRADAR、IoT(Internet of Things)やモバイル機器用のアンテナの設計など、この魅力的な開発の最先端にいることができるのです。

 

もしエンジニアでなかったら、どんな職業に就いていましたか?

書くことにずっと憧れがあったので、おそらく小説を書き始めるか、ジャーナリストになっているでしょうね。

 

履歴書に書かれていないことで、あなたにとって最も興味深いことは何ですか?

10代のほぼすべてを水球のプロとして過ごしました。

 

趣味は何ですか?

縫い物や編み物が好きですが、外で過ごすのも好きです。この冬はスキーが好きになりました。

 

仕事以外の時間はどのように過ごしていますか?

普段はよく歩いていて、1日に8~9kmは歩きます。読書は昔から好きな時間の過ごし方のひとつです。 時々、外に出て人付き合いをするのも好きです。

 

STEM/STEAM教育やアウトリーチの重要性について、特に若い女の子にどのように感じているか教えてください。

STEAM分野のキャリアを目指す女性が増えているように感じますが、これは素晴らしいことだと思います。工学教育を選択する際に迷うことはないと思います。工学は楽しく、やりがいがあり、報われるものです。楽しくて、チャレンジングで、やりがいがあり、無限の可能性が広がります。

 

好きな言葉は何ですか?

名言というより、座右の銘ですね。”Think outside the box!”

Comments are closed.