おしゃべりイブニング‐深~い話をきいてみませんか? 第1回「脳の活性化でパフォーマンスを向上、RPAとハンドメイドクラフト」

社員同士で仕事の話はするけれど、趣味やお互いのことを深く知る機会はなかなかない……。社内クラブ活動がその一翼を担っていたが、このコロナ禍では今年の開催は難しそう。

 

そこで、「おしゃべりイブニング」と称して、思いっきり仕事以外の話をしよう、というイベントを毎週行うことになりました。コロナ禍で、リアルなコミュニケーションが激減している中で、新たなコミュニケーションを我々自身が楽しみながら、変革をしていくという試みでもあります。

 

趣味、コレクション、サプライズ経験、特技、誰にも負けない知識、自慢や自己アピールしたいことを毎週誰かが発表し、それについてみんなで仕事を忘れておしゃべりします。仕事以外のことであればテーマは自由です。

 

記念すべき第一回の発表者は今年新卒で入社したTIANさん。タイトルは
「脳の活性化でパフォーマンスを向上、RPAとハンドメイドクラフト」。8月20日にオンラインで開催されました。

 

発表中のTIANさん

 

RPAによって人間を退屈なタスクから解放して、よりイノベーティブな仕事に携わせる。そして浮いた時間にハンドメイドクラフトをし、更に脳を活性化しようという内容です。また、RPAの説明やテクノロジーの推移、EXCELマクロやAIとの違い、市場規模やこれからの成長予測等も詳しく話してくれました。

 

RPAに仕事を奪われるという考えはやめ、テクノロジーと共同することで、人間にしかこなせない仕事に集中しましょう。

 

パフォーマンスを向上させるような新しい刺激をもたらすのに最適なハンドメイドクラフトとして、TIANさんのおすすめは、

  • 羊毛フェルト
  • LEGO
  • 木製3Dモデル

 

それぞれの特徴は、羊毛フェルトは自由度が高く自分の好きなように作ることができ、コスパがいいこと。LEGOはひとつひとつブロックをつないで整然とした一つの美しいものを作れること。木製3Dモデルは軽く、わかりやすく、安く、そして美しいこと。また、どれもネットで買えるので手軽とのことです。

 

TIANさんおすすめのハンドメイドクラフト

 

30名以上が参加し、発表後はおしゃべりタイムを設け、自由に質問や、自分の趣味のこと、休日の過ごし方やコレクションの自慢など、仕事を忘れた自由な会話が飛び交い、仲を深めることができました。

 

ダッソー・システムズでは社員同士の交流を図るためにこれまでイベントやクラブ活動を盛んに行ってきました。今後も、コミュニケーションを活性化させるような社内イベントを行っていきます。

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.