【ホワイトペーパー】世界レベルのクラウド版科学分野コラボレーションでより安全で持続可能な世界を実現

 

医薬品・医療機器、一般向けパッケージ製品、エネルギー・資源など、科学研究に携わる企業にとって、特に現在のように遠隔業務で連携をとることがかつてなく重要性を増す中、コラボレーションは重要な鍵となります。近年、科学研究企業は高まるコストやリスクの圧力に対処し、革新性を高めて自社の核となる能力に注力するために、研究チームの外部連携を進めています。各産業の製品研究開発モデルが完全統合された研究開発ネットワークへと急速に再構築される中、研究開発プロセスの大部分が外部の産業・学術パートナー、研究機関、コンソーシアム、医薬品開発受託機関(CRO)を通じて行われるようになっています。こうした急速な変化は、遠隔研究をサポートするシステムの導入に大きな変化をもたらし、これらのネットワークを効率よく運営するため、イノベーションを加速させて、製品開発のリスクとコストの削減を実現する必要があります。

 

クラウド・プラットフォームの導入により、企業は共同研究プロジェクトの効率を向上させて、業務の俊敏性を高め、総所有コスト(TCO)の削減を図ることができます。 組織は、クラウド・プラットフォームを適切に評価・選択・導入する方法について、確信できないことが多々あります。

 

ホワイトペーパーの内容

  • ScienceCloud –  ビジネスとITの課題
  • クラウドのコラボレーション環境
  • 成功するクラウド・ソリューションのあり方

 

 

>ウェビナー「クラウドでの科学分野コラボレーション」を視聴する

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.