【デザインとシミュレーションを語る】 64 : 設計構成要素の複雑性~Model Based Systems Engineering

ダッソー・システムズ ブログ
【デザインとシミュレーションを語る】

 

【第8章 複雑性設計に対応する】 設計構成要素の複雑性

 

ダッソー・システムズの工藤です。これまでは記事の最後に名前を書いておりましたが、どうも記事の最初に名乗った方がいいとのアドバイスもあり、これからは最初に名乗らせていただきます。今回は、モデルの複雑性のカテゴリーの4つ目にリストした「設計構成要素の複雑性」についてお話します。カテゴリーの全体像については、こちらをご覧ください。

 

設計構成要素の複雑性(本章で解説)

What:大量の要件と実現すべき機能と性能の関係性が複雑なため、それらをすべて記述したうえで変更時の影響範囲や決定すべき優先度を決めなければならない問題

How:Model Based Systems Engineering (MBSE)、Requirement Engineering

 

“設計構成要素”という日本語の表現は、難し過ぎですね。ここでいう設計構成要素とは、設計仕様とその実現結果である製品のつながりと言い換えてもいいでしょう。いまや巷にある製品で、“複雑”でないものはないと言っていいでしょう。スマートフォンはその最たるもので、あの小さな器の中に一体どれだけの機能が詰まっているのか、驚くほかありません。ハードウエア的な基本機能だけでも、タッチ・ディスプレイ+通信+電話+動画+音+カメラ+GPS+多様なセンサ、さらに膨大なアプリで活用の仕方はいかようにも増えていきます。あのスマートフォンを、「多機能で、高性能で、薄くて軽く、コスト安く、不具合なく、素早く開発する」という難題はどのようにして解決されているのでしょうか。これは、設計情報を正しく管理して活用するにはどうするのかという問題に帰着します。これが正しくなされないと、たとえば下記のような問題が生じるでしょう。

 

  • 機能部品がどの要求性能を実現しているかを把握していないと、機能設計の変更でおもわぬ性能に影響が出る
  • 想定条件をすべて網羅していない可能性があると、劣化や“想定外”の使われ方で、故障や事故が起きる
  • 要求仕様が増えたときに、既存の機能を利用できることに気づかなければ、無駄に機能を付加することになる

 

上記の問題は、個々の部品の機能や使い方としては正しく設計され、検証されているとしても、その組み合わせに不具合や欠落があれば、製品全体に影響を及ぼすということを示しています。これこそが、Model Based Systems Engineering (MBSE)が必要とされている課題です。

 

もう4~5年前になりますが、Samsun製のスマートフォンの発火事故が相次いだことは大きなニュースになりましたし、ネットで検索するとその後も実はメーカーは不明ですが、あちこちで、発火や爆発、死亡事故さえ起きているのです。また、失敗学会には、古今東西の失敗知識データベースがあって、それらの事例を見るといかに設計は難しいか、あるいは人間はミスをしてしまうかが具体的によくわかります。MBSEは、そうした事態を避けるために、複雑な製品の設計情報の関連性を明確に記述することで正しい設計仕様を定義し、設計ミスを防ぐ方法論であると言えます。MBSEのより詳しい概念、機能、製品については調べればすぐにわかるので、ここでは触れませんが、弊社の関連情報をいくつか下記に記しますので、どうぞご参考にされてください。

 

【発展期にあるモデル】多層システムの仮想シミュレーションで、 複雑さを軽減できるのでは

CATIAオンラインセミナー | MaaS時代のMBSE

 

ベテランの設計者であれば、この要求とこの部品のこの機能は影響しているから、注意しないといけないといった経験知識をもっているのだけれども、そのノウハウが継承されていないがために、異なる部品で設計したために思わぬ不具合が生じるといったことは、特段複雑な製品でない場合でも発生しています。ベテラン設計者の頭の中のリンク情報が形式知化されていれば防げたはずなのですが、そうしたノウハウの形式知化は言うは易く行うは難しの典型例でしょう。ですので、MBSEに着手すると、MBSEの方法論や枠組みに当てはめる以前に、現状知識をどのように整理すべきかという課題にぶつかります。人間は必ずしも、MBSE的に情報整理された形で、ノウハウを構築しているわけではないので、そのGAPを埋めるのに最初は時間がかかります。ただ最初のそうした生みの苦しみの状況を超えて、MBSE的表現ができるようになれば、大いなる景色が待ち受けています。

 

従来製品ではなく、設計自由度が非常に高い、ドローン、電気自動車、自動運転、自律運転機器などは、これまでの設計経験がないぶん、MBSEを適用することで大きな効果を発揮するでしょうし、そうした事例がすでに多く登場しています。MaaSやVirtual City、といった、あらゆる情報を連携していくタイプの新しいサービスやビジネスモデルにもMBSEを適用することでしか解決できない問題が出てくるにちがいありません。MBSEの概念は、狭義のツールレベルから、広義の設計方法論の領域まで幅広いので、どのスコープで、何を目的としてMBSEを活用しているかを明確にして活用することが肝要です。

 

【DASSAULT SYSTEMES 工藤啓治】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学
【デザインとシミュレーションを語る】第四十二回 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ
【デザインとシミュレーションを語る】第四十三回 : なぜ想定設計か、何を想定するのか?
【デザインとシミュレーションを語る】第四十四回 : Vプロセスにおける性能設計と機能設計の役割
【デザインとシミュレーションを語る】第四十五回 : Model Based Design (MBD)手法に隠されている本質とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十六回 : 想定要求と意思決定とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十七回 : 既存技術の組み合わせ探索
【デザインとシミュレーションを語る】第四十八回 : 素性の良い基本設計を導くための思考支援
【デザインとシミュレーションを語る】第四十九回 : シミュレーションを基盤とした設計フロント・ローディング手法の体系化とその実現
【デザインとシミュレーションを語る】第五十回 : 計算品質を標準化する価値
【デザインとシミュレーションを語る】第五十一回 : 計算品質を標準化するための方法論
【デザインとシミュレーションを語る】号外 : 本ブログが大きな契機になりました
【デザインとシミュレーションを語る】第五十二回 : 計算品質を起点として、設計品質を上げる取り組みへ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十三回 : 計算品質の標準化を実践するしくみ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十四回 : 計算品質保証の標準化の要求要件
【デザインとシミュレーションを語る】第五十五回 : 設計知見の蓄積と再利用のための実装と効果
【デザインとシミュレーションを語る】第五十六回 : SPDM as Virtual Sensor – AI活用に向けたデータ蓄積
【デザインとシミュレーションを語る】第五十七回 : SPDM as Virtual Sensor – 属性データ例と活用目的
【デザインとシミュレーションを語る】第五十八回 : 親和性が高いシミュレーションと機械学習
【デザインとシミュレーションを語る】第五十九回 : ”最短経路設計”で思考と判断を促す
【デザインとシミュレーションを語る】第六十回 : VUCA世界におけるビジネスの変容
【デザインとシミュレーションを語る】第六十一回 : 複雑性設計の本質はつなぐことの多様性
【デザインとシミュレーションを語る】第六十二回 : 複雑性設計をモデル・データ・プロセスの視点で整理する
【デザインとシミュレーションを語る】第六十三回 : 性能モデルの複雑性

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.