【デザインとシミュレーションを語る】 63 : 性能モデルの複雑性~1D-CAE, Co-simulation

ダッソー・システムズ ブログ
【デザインとシミュレーションを語る】

 

【第8章 複雑性設計に対応する】 性能モデルの複雑性

 

前回記事ではモデルの複雑性のカテゴリーで、製品モデル、解析モデルに加えて、「性能モデル」という若干聞きなれない言葉を使いました。下記に再掲します。

 

性能モデルの複雑性(本章で解説)

What:強度・熱・流れなどのメカ性能に加え、電磁場・光学などの電気的性能、制御や組込みソフトを統合的につなげて解かないと設計できない問題

How:1DCAEやCo-simulation技術、FMI

 

個々の解析領域の詳細なモデルを「解析モデル」とし、製品のあらゆる性能を包括的に取り扱うモデルを「性能モデル」と区別をしています。目的もモデル化技術も明確に異なるからです。性能モデルでは、単一性能を表現するモデルの精度は多少粗いにしても、すべての性能の関係性を表現することが重要になってきます。上記に書いてあるように、いわゆる1DCAEを主に活用することになります。一つのアプリの中でマルチ・フィジクスや制御その他多様な表現できる統合ソフトが世の中には多数あり、弊社の製品ラインナップの中では、Dymolaが相当します。

1DCAEについては、当ブログのNo.30:1D-CAEの価値とパラメータ同定に、そのポイントについて説明していますので、兼ねてお読みください。

 

しかし、しだいに複雑になっていく製品設計においては、これほど機能が豊富な統合ソフトをもってしても十分ではない状況が生まれています。そのことについて理解するには、モデルのFidelityを説明した、No.31:Fidelityという概念とModel Based Designの関係を改めてじっくりとお読みください。4年前に書かれた記事ですが、状況はほとんど変わっていません。シミュレーション・モデルをどこまで段階的に表現しているかを示す言葉として、Fidelityが高い(High Fidelity)とか低い(Low Fidelity)といういい方、あるいは詳細モデル、粗いモデルという言い方をしますと、1DCAEモデルの中でも、内部のサブシステムやパーツを表現するのに、詳細モデルと粗いモデルを使い分けなければいけないという事態が生じます。

 

例えば、製品の基本性能のバランスを検討する段階では、たくさんの組み合わせの製品仕様パターンを、膨大な利用シナリオの下で大量のパラメトリックな計算をする必要があるので、精度を多少犠牲にしても計算時間が優先されます。一方、特定のサブシステムにフォーカスしてその基本的なふるまいを、全体のバランスを考えながら設計したいという場合には、全体系のモデルを粗く、サブシステムについては詳細にするという組み合わせが必要になります。さらに、詳細な3D現象と組わせて解く必要がある場合には、専用の解析ソフトと連携するCo-simulation技術が必要になります。例えば、熱マネージメント問題を解くには、全体系挙動を1D-CAEや制御ソフトで計算しながら、発熱体や冷却現象については詳細な熱流体ソフトと連携させる、といった使い方です。また、EVはじめあらゆる電動化システムにとって不可欠なバッテリーの開発においても、制御と電池性能挙動と発熱・冷却問題を連結して解くというCo-simulationの大きなテーマがあります。従来であれば計算時間の制限や挙動が複雑すぎて解けなかった過渡的な(時間依存性の高い)現象を解くことができるわけなので、マルチ・フィジクス/マルチ・エンジニアリングの複雑な解析モデルと性能モデルをつなぎ合わせ、一つのシステムとして表現する手法として、Co-simulation技術はますます発展していくはずです。加えて重要なのは、全体系を一つのシステムとして解けるということなので、過渡的な複雑な現象さえも自動化して繰り返し計算を行う道筋ができるということになります。

 

一方、課題もあります。一つ目は複数のソフトウエアを連結しなければならないというインタフェースの問題です。異なる領域、異なる時間挙動、異なる開発会社のソフトウエア同士をつなぐというのは簡単なことではありません。幸い、そうした事態を見越してすでにFMI (Functional Mockup Interface)という非常に汎用的で優れた標準IFが普及していて、たくさんのソフトウエアがFMI準拠のIFを持ち始めています。実際に動作させると、動作条件の制限、ソフトウエア間の整合性、相性といった問題も出てきますが、今後普及が進むのは間違いないでしょう。二つ目の課題は、計算時間です。計算時間刻みごとに3Dの過渡的な現象同士がコミュニケーションするわけなので、それなりの計算リソースが必要になります。さらに、自動化してたくさんのパラメータスタディ計算を日常的にできるようになるまでには、日夜向上しているコンピュータの性能に期待しその時を待つ必要よるでしょう。いずれにせよ、計算時間の課題はかならず解決されていくには違いありません。

 

【DASSAULT SYSTEMES 工藤啓治】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学
【デザインとシミュレーションを語る】第四十二回 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ
【デザインとシミュレーションを語る】第四十三回 : なぜ想定設計か、何を想定するのか?
【デザインとシミュレーションを語る】第四十四回 : Vプロセスにおける性能設計と機能設計の役割
【デザインとシミュレーションを語る】第四十五回 : Model Based Design (MBD)手法に隠されている本質とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十六回 : 想定要求と意思決定とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十七回 : 既存技術の組み合わせ探索
【デザインとシミュレーションを語る】第四十八回 : 素性の良い基本設計を導くための思考支援
【デザインとシミュレーションを語る】第四十九回 : シミュレーションを基盤とした設計フロント・ローディング手法の体系化とその実現
【デザインとシミュレーションを語る】第五十回 : 計算品質を標準化する価値
【デザインとシミュレーションを語る】第五十一回 : 計算品質を標準化するための方法論
【デザインとシミュレーションを語る】号外 : 本ブログが大きな契機になりました
【デザインとシミュレーションを語る】第五十二回 : 計算品質を起点として、設計品質を上げる取り組みへ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十三回 : 計算品質の標準化を実践するしくみ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十四回 : 計算品質保証の標準化の要求要件
【デザインとシミュレーションを語る】第五十五回 : 設計知見の蓄積と再利用のための実装と効果
【デザインとシミュレーションを語る】第五十六回 : SPDM as Virtual Sensor – AI活用に向けたデータ蓄積
【デザインとシミュレーションを語る】第五十七回 : SPDM as Virtual Sensor – 属性データ例と活用目的
【デザインとシミュレーションを語る】第五十八回 : 親和性が高いシミュレーションと機械学習
【デザインとシミュレーションを語る】第五十九回 : ”最短経路設計”で思考と判断を促す
【デザインとシミュレーションを語る】第六十回 : VUCA世界におけるビジネスの変容
【デザインとシミュレーションを語る】第六十一回 : 複雑性設計の本質はつなぐことの多様性
【デザインとシミュレーションを語る】第六十二回 : 複雑性設計をモデル・データ・プロセスの視点で整理する

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.