【デザインとシミュレーションを語る】 61:複雑性設計の本質はつなぐことの多様性

ダッソー・システムズ ブログ
【デザインとシミュレーションを語る】

 

【第8章 複雑性設計に対応する】 複雑性設計の本質はつなぐことの多様性

 

設計は複雑である、と文章で書くと、当たり前すぎて何を言いたいんだ?となります。ところが、複雑性設計という名詞表現にすると、複雑性を設計するとはどんな意味なのか、と知りたくならないでしょうか。どんな製品も複雑性にまつわるさまざまな課題に直面してたいへんな苦労を経て設計されています。問題なのは、過去製品と比較して複雑性は積み上がってくるので、次世代の製品になればなるほど、複雑性のレベルがあがり、種類も増えていくわけなのです。科学知見や技術知見が蓄積されていくのと同じ理屈です。

 

今回から始まった第8章では、“複雑性設計”に対応するための諸技術を眺めていくことにします。そのためにはまず、複雑性にはかならず何等かの“つながり”が媒介になっていることに着目します。つながりがなければ独立して解けばいいわけで困ることはないのですが、つながり性が複雑であるが故に、それらを視覚化したり、解きほぐすための手法が必要になってくるわけです。バーチャル設計を行う上で、さまざまな“つなぎ”を駆使する技術の必要性が表現された面白い例が、航空機設計の分野にありますので、紹介しましょう。2009年から2012年にかけてEUのFP7活動の一環としてAirbusが中心になって実施されたプロジェクトCRESCENDOのHPに掲載されていた文章を紹介します。このCRESCENDOプロジェクトのコンセプトはずばり、Behavioural Digital Aircraft(ふるまいを表現するデジタル航空機)を実現することでした。BDAを実現するために必要な技術が1行の長い英語で、下記のように表現されていたのです。参考のために、私の拙い英語訳も付けました。

 

英語

It will describe and host the set of simulation models and processes enabling its users to link, federate, couple and interact with different models with seamless interoperatibility, hierarchical, cross-functional and contextual associativity

直訳

シームレスに互換性があり、階層的かつ横断的で、状況的関連性を持たせながら、異なるモデル間で、つなぎ、連動させ、一緒にし、相互作用できるようにするシミュレーション・モデルとプロセスの一式

 

この英語表現のわかりにくさはさておいて、私が驚いたのは、つなぐという意味の英語の多様さとそれらを駆使して表現しなければならない、複雑性設計のありようでした。無理やりに日本語にしても具体的にイメージするのは難しいのですけれど、このような超難解な表現をしなければならないほどその定義自体が複雑であるにもかかわらず、それでもそれを解決する方法論やしくみや道具立てを、Behavioural Digital Aircraftとして何としても取り込んでしまおうという、ビジョンの明確さと強力な意思を感じたのでした。つながるということを、いかに徹底的に追及しているかお分かりになるでしょう。もはや、執念です、偏執的(パラノイア)ともいえるほどです。2012年なので大分古いように感じるかもしれませんが、おそらくは日本のどの産業もいまだにこのレベルには達していないはずと断言できるほど、内容はいまでも最先端として通用するレベルです。もっと詳しく知りたい方は、まだ様々な公開情報がありますので、例えば下記をご参照ください。

 

CRESCENDO (Collaborative & Robust Engineering using Simulation Capability Enabling

Collaborative Robust Engine Design Optimization

Simulating from the beginning – CRESCENDO, Adaptive Vehicle Make, Dassault Systèmes Winning Program

【DASSAULT SYSTEMES 工藤啓治】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学
【デザインとシミュレーションを語る】第四十二回 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ
【デザインとシミュレーションを語る】第四十三回 : なぜ想定設計か、何を想定するのか?
【デザインとシミュレーションを語る】第四十四回 : Vプロセスにおける性能設計と機能設計の役割
【デザインとシミュレーションを語る】第四十五回 : Model Based Design (MBD)手法に隠されている本質とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十六回 : 想定要求と意思決定とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十七回 : 既存技術の組み合わせ探索
【デザインとシミュレーションを語る】第四十八回 : 素性の良い基本設計を導くための思考支援
【デザインとシミュレーションを語る】第四十九回 : シミュレーションを基盤とした設計フロント・ローディング手法の体系化とその実現
【デザインとシミュレーションを語る】第五十回 : 計算品質を標準化する価値
【デザインとシミュレーションを語る】第五十一回 : 計算品質を標準化するための方法論
【デザインとシミュレーションを語る】号外 : 本ブログが大きな契機になりました
【デザインとシミュレーションを語る】第五十二回 : 計算品質を起点として、設計品質を上げる取り組みへ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十三回 : 計算品質の標準化を実践するしくみ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十四回 : 計算品質保証の標準化の要求要件
【デザインとシミュレーションを語る】第五十五回 : 設計知見の蓄積と再利用のための実装と効果
【デザインとシミュレーションを語る】第五十六回 : SPDM as Virtual Sensor – AI活用に向けたデータ蓄積
【デザインとシミュレーションを語る】第五十七回 : SPDM as Virtual Sensor – 属性データ例と活用目的
【デザインとシミュレーションを語る】第五十八回 : 親和性が高いシミュレーションと機械学習
【デザインとシミュレーションを語る】第五十九回 : ”最短経路設計”で思考と判断を促す
【デザインとシミュレーションを語る】第六十回 : VUCA世界におけるビジネスの変容

工藤 啓治 (Keiji Kudo)

工藤 啓治 (Keiji Kudo)

工藤はCAE分野で38年の経験を持つエキスパートとして、CAE開発・販売、HPC活用・マーケティング、最適設計・ロバスト設計市場開拓などを経験し、現在はシミュレーションを活用した設計業務改革コンサルと自身のノウハウ形式知化に取り組んでいます。
Comments are closed.