【デザインとシミュレーションを語る】 60 : VUCA世界におけるビジネスの変容

ダッソー・システムズ ブログ
【デザインとシミュレーションを語る】

 

【第8章 複雑性設計に対応する】 VUCA世界におけるビジネスの変容

 

60号からの第8章を「複雑性設計に対応する」というタイトルで始めようといろいろ構想を温めていたところ、あれよあれよという間に、COVID-19の騒ぎが広がり、あっという間に混沌とした世界情勢となりました。筆者も在宅勤務が実質2か月目に突入し、当面の目安である連休明けで多少収束したとしても、3か月もの在宅で仕事という異例の長さになるでしょう。見たり読んだり考えたりすることしかできない状況で、特に思索に費やす時間が増えました。心の準備とでもいうのでしょうか、来るべき時期に行動するために、今のうちにたくさん考えておかなくては、そういう心持ちなのです。「複雑性設計に対応する」どころか、ビジネスそのものが大きく変容していくであろうこれからの状況にどう対処していけばいいのかを考えるとき、ビジネス全体のなかで「デザインとシミュレーション」は一部の領域にしかすぎませんが、おのずと影響を受け、また寄与をするであろうことも踏まえ、新たな危機感と緊張感のなかで、本ブログを新たに再開するぐらいの気持ちで、第8章「複雑性設計に対応する」に着手しようと思います。

 

COVID-19に混乱させられている世界は、すでにどんどん変容しているのだけれど、変わる様は制御されていません。混乱(Confusion)と混沌(Chaos)からどう抜け出せばいいのか、どう対応すればいいのか、指針もないままに、全世界が試行錯誤しています。この変容(Metamorphosis)の様からの影響を受けない人間はもはや誰もおらず、すでに明日をも知れぬ境遇にある人々も多く、自宅待機や在宅勤務で一見平穏そうに見えて、いつものように過ごそうと思っていていも、いつかは収束するだろうと期待したくても、その期待がどのぐらい定かなのか、いつからなのかはわからないのです。ビジネスの世界においても、ビジネスの前提やルールそのものががらりと変化してしまう領域がたくさん出てくるでしょう。戦争で空襲がいつ訪れるかわからないように、いつ何時ウィルスの危機が訪れるかもしれない中で、生活し、仕事をしなかればならない世界に対応しなくてはならなくなります。もちろんもっと賢く対応できるようになるだろうし、ワクチンが開発されて、季節性インフルエンザと同様に対応できるかもしれないとも言われています。しかし、一度この混乱と混沌を経験したこの世界は、もはや以前の世界ではなく、生活とビジネスの前提がこれまでのようにはならないということを学んでしまったのです。

 

つい数か月間まで、世界中で文化の容態と社会の成長の合言葉であったConnection、Communication、Sharing、One-world、Mega-city、といった言葉は、もはや無条件では使われないか、再定義されなければならないでしょう。物理的世界における接触を増やすことは、オセロのごとく、崩壊を招く、避けるべき行動や事象になってしまったのです。仮に以前の世界の状況に少しは近くなったとしても、またいつ何時オセロがひっくり返されるかわからないのですいつ何時空襲が起きても防空壕に避難するごとく、いつ何時ウィルスに襲われても、それに対応できるような新たな社会生活の方法、ビジネス活動を創造しないといけないのです。その変容により、ビジネスも目的や状態も大きく変わるでしょう、例えば、これまでのビジネスを成長させ効率化する指標であった、競争、拡大、在庫レス、大量といったキーワードが、リスクをもたらす指標に変容した結果、下記のようにその価値が変わることは確かです。

 

  • 競争に勝つ=>もはや、競合他社を見て競争している場合ではなく、生存・共存できるかどうか。独自性と協調とのバランス視点。
  • ビジネスを拡大する=>拡大し過ぎはリスクで、着実なビジネスがリスクを最小にするという安定志向が増加。
  • 在庫を最小限に=>どのサプライチェーンがいつ切れてしまうかわからない状況では、ある程度の在庫確保は必要なリスク担保。
  • 同時・大量=>大きなイベントや大量輸送ほどリスクが高く、グループや個人での活動を主体とした運営形態が増加。
  • 階層構造組織=>上層部や本社が襲われても、柔軟に意思決定可能な”アメーバ“組織のアドバンテージが着目。

 

しかし、それらのリスクを回避する社会生活やビジネス活動がどういった姿に収束していくのか、いまは誰も答えは持っていません。仮に答えのヒントだけでも持っていたとしても、明日にはまた状況がかわるかもしれない、そういう制御不能な変貌に対応しないといけない時代になるのです。実は、すでにこういった状況に対応するために定義されたVUCAというこ言葉があることをご存じでしょうか。元々は、冷戦後の軍事的状況を分析するために米国陸軍大学で提唱されていた言葉ですが、2016年のダボス会議で、経済状況を表す用語として、再定義され紹介されたことをきっかけに、一般的に知られるようになりました。まずは、元々の軍事的視点での解釈をしてみます。

 

軍事的視点でのVUCA

  • Volatility(変動性):状況/想定が刻々と変わり、事前にたてた作戦が通用しない
  • Uncertainty(不確実性):戦場に行かないと分からないことが多く、突発的なことが生じる
  • Complexity(複雑性):相手の行動が複雑で陸海空軍が個別に行動しては対応できない
  • Ambiguity(曖昧性):兵士と市民、戦場と非戦場の区別がつかない

 

日本語でも似たような意味ですけれども、上の説明例でなんとなく違いのイメージが湧いてきましたでしょうか。今度は、COVID-19の現況を経済的視点で考えてみます。

  • Volatility(変動性):従来のビジネス業態が通用せず、活動が突然停止される
  • Uncertainty(不確実性):未経験の問題が突発的に生じる
  • Complexity(複雑性):あらゆる社会活動とビジネス要因が関連し影響しあう
  • Ambiguity(曖昧性):感染者わからず、いつ何時でも影響を受ける

 

これまでの世の中も十分にVUCA的世界でしたが、ウィルスのおかげで、ますますVUCA的様相の真っただ中に入ってしまいました。というよりも、まだ混沌(Chaos)の中かもしれません。Choasに対応するのは非常に困難ですが、VUCAの状態を把握できれば、対応できるチャンスがあるのです。リアルな世界をカバーしたり、リスクを補うために、バーチャルな世界を活用すること、デジタル・トランスフォーメーションを推進することは、引き続き大きな武器になるでしょうが、もはやそれだけでは不十分です。新しい北極星と羅針盤が必要になるのです。私たちがしなければいけないことは、前例も教科書もない状態から、新しい指標は何か、それを実現する社会生活とビジネス活動は何かを、まさに協調して、一緒に考える、一緒に変化し続ける、そういったスタイルを確立していくことです。

 

そういう意味で、本ブログもこれまでのトーンから、COVID-19の影響を意識したトーンに変わっていくでしょう。第8章では、広い意味での“複雑性”という概念に含まれるたくさんの要因を取り扱うので、結果としてタイムリーな議論ができるのではと考えています。

【DASSAULT SYSTEMES 工藤啓治】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学
【デザインとシミュレーションを語る】第四十二回 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ
【デザインとシミュレーションを語る】第四十三回 : なぜ想定設計か、何を想定するのか?
【デザインとシミュレーションを語る】第四十四回 : Vプロセスにおける性能設計と機能設計の役割
【デザインとシミュレーションを語る】第四十五回 : Model Based Design (MBD)手法に隠されている本質とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十六回 : 想定要求と意思決定とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十七回 : 既存技術の組み合わせ探索
【デザインとシミュレーションを語る】第四十八回 : 素性の良い基本設計を導くための思考支援
【デザインとシミュレーションを語る】第四十九回 : シミュレーションを基盤とした設計フロント・ローディング手法の体系化とその実現
【デザインとシミュレーションを語る】第五十回 : 計算品質を標準化する価値
【デザインとシミュレーションを語る】第五十一回 : 計算品質を標準化するための方法論
【デザインとシミュレーションを語る】号外 : 本ブログが大きな契機になりました
【デザインとシミュレーションを語る】第五十二回 : 計算品質を起点として、設計品質を上げる取り組みへ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十三回 : 計算品質の標準化を実践するしくみ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十四回 : 計算品質保証の標準化の要求要件
【デザインとシミュレーションを語る】第五十五回 : 設計知見の蓄積と再利用のための実装と効果
【デザインとシミュレーションを語る】第五十六回 : SPDM as Virtual Sensor – AI活用に向けたデータ蓄積
【デザインとシミュレーションを語る】第五十七回 : SPDM as Virtual Sensor – 属性データ例と活用目的
【デザインとシミュレーションを語る】第五十八回 : 親和性が高いシミュレーションと機械学習
【デザインとシミュレーションを語る】第五十九回 : ”最短経路設計”で思考と判断を促す

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.