【デザインとシミュレーションを語る】59: ”最短経路設計”で思考と判断を促す

ダッソー・システムズ ブログ
【デザインとシミュレーションを語る】

【第7章 計算品質標準化から知識化へ】“最短経路” で思考と判断を促す

 

ノウハウっという言葉をよく使うと思いますが、実際のところ、何がノウハウかというのは定義が漠然としていて、具体的に言えと言われても、こっちはノウハウでそっちは違うといえる境界線は明確ではありません。というのは、技術レベルによって変わるからなのです。同じ会社の同じ組織で同じ仕事をしているチームがあったとして、新入社員、技術の未熟な人、ベテランの人が混在していれば、当然ながらノウハウと思っている内容が異なります。むしろ、ノウハウ=技術レベルそのものと言ってもいいでしょう。

 

そうなるとその技術レベルとは何者かを問うてみたくなります。未熟と成熟を分けるのは何か。成功にたどり着くプロセスの質と考えてみると、失敗の質と回数ということに帰着します。未熟な設計者は、無駄な失敗をたくさんしてしまう、成熟した設計者の失敗は、着実に成功に近づく失敗をする。こう考えたら、“最短経路”という言葉に思い当りました。「最短経路」を求める設計最適化という意味ではありません。現時点での状況と経験(過去)に基づいて「最短の失敗経路でたどり着く」設計という解釈です。効率的な試行錯誤の方法と言い換えてもいいでしょうが、これではインパクトに欠けます。最短経路設計というと何か面白くないでしょうか?そのイメージを図にしてみました。優れた解を選ぶのが目的である最適設計との対比でいうと、最短経路設計はいかに、失敗の数を少なくして、優れた解にたどり着けるかという目的になります。

 

仮に既存設計100%を活用した開発だとしても、新しい組み合わせの検討をしようとすると、新たな試行や知見が必要になるので、失敗ゼロはあり得ません。であれば、この失敗、もしくはその時点での最善の検討と評価をできるようにするには、何が必要か?個人の現在の経験と知見から出発するとき、その人には何が用意されれば、最短の思考実験と、最少のシミュレーション回数と、最少の試作・実験で済むのか?その結果、どんなスキルが向上したと言えるのか?

 

そういうことを考えていたら、“品質のいい設計情報”=“考えさせる設計情報”という言葉にたどり着きました。最適設計ツールの仕事をしばらくやっていて、仮に究極の最適化問題設定ができたとすれば、一発で答えが探索できるはずだという、現実的にはありえない”不自然縛り”を感じてきていながら、その縛りの理由が何のか明確ではありませんでした。現実を考えると、実際の問題はそんなに最適化問題に置き換えられるほど単純じゃないよ、と当たり前のことになるのですが、それで終わってなるものかという想いがありました。そのもやもやが、“考えるさせる設計情報”ということばで、晴れてきたような気がするのです。昨今のAIやデータ・サイエンスの流れで、人が介在せずに答えを出すしくみに注目が浴びているきらいがありますけれど、無駄な失敗をさせないことだけは自動で行ってくれるけれど、本当に考えて判断しないといけないことは、設計者に任せる、そういうしくみこそが一番必要なのではないか、そのように思います。

 

【DASSAULT SYSTEMES 工藤啓治】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学
【デザインとシミュレーションを語る】第四十二回 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ
【デザインとシミュレーションを語る】第四十三回 : なぜ想定設計か、何を想定するのか?
【デザインとシミュレーションを語る】第四十四回 : Vプロセスにおける性能設計と機能設計の役割
【デザインとシミュレーションを語る】第四十五回 : Model Based Design (MBD)手法に隠されている本質とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十六回 : 想定要求と意思決定とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十七回 : 既存技術の組み合わせ探索
【デザインとシミュレーションを語る】第四十八回 : 素性の良い基本設計を導くための思考支援
【デザインとシミュレーションを語る】第四十九回 : シミュレーションを基盤とした設計フロント・ローディング手法の体系化とその実現
【デザインとシミュレーションを語る】第五十回 : 計算品質を標準化する価値
【デザインとシミュレーションを語る】第五十一回 : 計算品質を標準化するための方法論
【デザインとシミュレーションを語る】号外 : 本ブログが大きな契機になりました
【デザインとシミュレーションを語る】第五十二回 : 計算品質を起点として、設計品質を上げる取り組みへ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十三回 : 計算品質の標準化を実践するしくみ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十四回 : 計算品質保証の標準化の要求要件
【デザインとシミュレーションを語る】第五十五回 : 設計知見の蓄積と再利用のための実装と効果
【デザインとシミュレーションを語る】第五十六回 : SPDM as Virtual Sensor – AI活用に向けたデータ蓄積
【デザインとシミュレーションを語る】第五十七回 : SPDM as Virtual Sensor – 属性データ例と活用目的
【デザインとシミュレーションを語る】第五十八回 : 親和性が高いシミュレーションと機械学習

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.