【デザインとシミュレーションを語る】55 : 設計知見の蓄積と再利用のための実装と効果

ダッソー・システムズ ブログ

 

【第7章 計算品質標準化から知識化へ】設計知見の蓄積と再利用のための実装と効果

 

これまでは、計算品質という観点で標準化の話を進めてきましたが、設計知見の標準化というテーマに拡張してみましょう。シミュレーション・モデルから“正しい結果”が生成されることを保証するのが計算品質の標準化だとすれば、その正しい結果を “正しく評価して判断“し、”正しい対策“を取ってはじめて、シミュレーションが設計に活用されたということができます。一連の設計業務には当然さまざまなノウハウがつまているわけですが、じつはこのノウハウという言葉は、自動化とか最適化といった言葉と同様に、人によって解釈や定義が異なるやっかいな言葉なのです。抽象的でもあるので、なかなか簡潔に説明できない用語でもあります。今回、このノウハウという曖昧でよく使われる用語を、シミュレーションを活用した設計業務領域に絞って、形式知化可能な(定量的かつ明示的に記述可能な)設計知見にはどのようなものがあるかを、眺めてみましょう。

 

当初は、様々な表現のしかたがあるであろう、ノウハウという用語が示す具体的なイメージを、どういうパターンに分けられるだろうかと考えてみました。その結果、データ、モデル化作業、実行手順、履歴、予測品質、評価基準と判断、という6つのカテゴリーにたどりつき、おのおのに具体例と実装と効果と現状例を書き下してみたのが、下記になります。表形式に整理したのですが、ビジーでかえって読みにくいので、リスト形式で書き直しました。

 

  • データ:デジタル化されたデータすべてとそれらの関連性

具体例:要求/設計仕様、規格、ルール、CAD、CAEモデル、結果、報告書、実験データ、トラブル情報

実装:属性(タグ)付け、根拠や参照としての関連付け、根拠

効果:検索して、参照・再利用、トレース

現状例:つながりの切れたデータは、それを記憶している個人でしか活用できないサイロ・データ

 

  • モデル化作業:CAEアプリ作業内の操作手順やコマンド実行手順

具体例:経験則、実験則、1D化、物理モデル、材料モデル、境界メッシュ、接触設定、境界設定、荷重設定

実装:モデル情報・条件設定などの採用根拠、ライブラリ化、標準化ドキュメント、ツール内作業の自動化

効果:間違いのないモデル品質、作業自動化による負荷軽減と時間短縮、非熟練者による高度な作業

現状例:誤った計算に気づかず結果数値を判断、技術者スキルのバラツキ、同じ間違いの繰り返し

 

  • 実行手順:アプリ実行とファイル入出力の順番とつながり

具体例:モデル化〜結果までのワークフロー、ポスト処理手順、実験データ後処理

実装:解析手順のワークフロー作成

効果:業務標準化による品質向上と自動化による時間短縮

現状例:人によって異なる手作業、時間のかかる定型作業の繰り返し、無駄な待ち時間、チェック作業

 

  • 履歴:作業開始から目的達成までの変更履歴

具体例:モデル変更履歴、結果履歴、値と形状の差分比較

実装:変更履歴の自動取得

効果:変更意図や結果の学習、トレーサビリティ

現状例:履歴不明、変更意図は記憶の中、最終版わからず、トレーズ不可能

 

  • 予測品質:モデルの正しさや結果精度を判断する値

具体例:メッシュ品質判定、材料データ設定、計算収束判定、実験データ比較など

実装:ワークフロー内へ判定ロジックや自動処理組込み

効果:技術スキルに依存しない信頼性の高い予測

現状例:人に依存し、共通化されていないデータ、抜け漏れの発生、 曖昧な精度基準

 

  • 評価基準と判断:結果を判断する値、OK/NGの結果とその理由

具体例:定量的な目標や条件、規約、設計根拠

実装:ワークフロー内へ判定ロジック組込み、理由入力

効果:判断根拠を客観的かつ定量的に明示

現状例:根拠不明/曖昧な過去の基準、明示されていない理由

 

これらに包含されていない、より抽象的なノウハウもまだまだあるでしょうが、これらの6つを明示的に扱うことができるだけでも、ずいぶんと標準化が、さらには自動化が進むはずなのです。こういったデータが自動的に蓄積されていることを想像してみてください。従来、個人管理で、検索もできず、引き継がれず、トレーズも取れず、再利用もできず、フォーマットもなく、抜け漏れだらけで、ディスク上に保管されていたデータやファイルが、系統的に一元管理されることで、瞬時に検索でき、トレースして履歴を辿り、再利用でき、共通のデータ構造で、抜け漏れなく100%のデータとファイルを活用できるようになるのです。まさに、ノウハウの蓄積と再利用といえます。これらを実装するしくみが、何度か紹介しているSimulation Process & Data Management(SPDM)です。

 

単なるデータ蓄積としてであればせいぜい検索できればいいという程度でしか活用方法は思い浮かばないかもしれませんが、貴重なノウハウを蓄積しているという視点で眺めれば、とってもワクワクする活用のしかたを想定できるでしょう。次回以降では、SPDM as Virtual Sensorというタイトルで2つの記事を書きます。

 

【DASSAULT SYSTEMES 工藤啓治】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学
【デザインとシミュレーションを語る】第四十二回 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ
【デザインとシミュレーションを語る】第四十三回 : なぜ想定設計か、何を想定するのか?
【デザインとシミュレーションを語る】第四十四回 : Vプロセスにおける性能設計と機能設計の役割
【デザインとシミュレーションを語る】第四十五回 : Model Based Design (MBD)手法に隠されている本質とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十六回 : 想定要求と意思決定とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十七回 : 既存技術の組み合わせ探索
【デザインとシミュレーションを語る】第四十八回 : 素性の良い基本設計を導くための思考支援
【デザインとシミュレーションを語る】第四十九回 : シミュレーションを基盤とした設計フロント・ローディング手法の体系化とその実現
【デザインとシミュレーションを語る】第五十回 : 計算品質を標準化する価値
【デザインとシミュレーションを語る】第五十一回 : 計算品質を標準化するための方法論
【デザインとシミュレーションを語る】号外 : 本ブログが大きな契機になりました
【デザインとシミュレーションを語る】第五十二回 : 計算品質を起点として、設計品質を上げる取り組みへ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十三回 : 計算品質の標準化を実践するしくみ
【デザインとシミュレーションを語る】第五十四回 : 計算品質保証の標準化の要求要件

ダッソー・ システムズ

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.