【デザインとシミュレーションを語る】51 : 計算品質を標準化するための方法論

ダッソー・システムズ ブログ
【デザインとシミュレーションを語る】

 

【第7章 計算品質標準化から知識化へ】 計算品質を標準化するための方法論

 
前回記事で “シミュレーション・モデルの作り方が経験や知識に依存する”ことは、従来から存在している深刻で寝深い問題であることをお話ししました。これをどのように解決すべきか、その方法論はすでに体系化されており、下記の公開情報などで知ることができます。

 
日本学術会議、計算科学シミュレーションと工学設計分科会から2011年に出された下記の報告書は、このテーマの概観をわかりやすく知るにはちょうどよい内容と分量になっています。(筆者も委員の一人として末席で参加しました。)
・ものづくり支援のための計算力学シミュレーションの品質保証に向けて

http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-21-h123-2.pdf

 

図が豊富で、専門用語や概念をわかりやすく説明してあるのは、計算工学会High Quality Computing研究会の伊藤忠テクノソリューションズ(当時)中村氏から発表されている下記のスライドです。
・シミュレーションの品質保証とV&V – 国内外の品質標準、V&Vの原理、考え方 –

http://www.jsces.org/activity/research/hqc/data/13_jsme_sangaku_120910.pdf

 

体系的な成果物として出版されているのは、計算工学会High Quality Computing研究会編集による、下記の本です。
・工学シミュレーションの品質マネジメント

http://www.jsces.org/activity/issue/standards_01.html

 

特に、2番目に紹介したスライド資料は、Verification & Validation (V&V)の考え方がシンプルにわかりやすく説明されてあるので、筆者はことあるごとにこのスライドをさっと読み直して、整理することが多いです。とくに、恥ずかしながら、その時はわかったつもりになってもVerificationとValidationの違いを混乱してしまうことが多いのです。そういう時は、スライド5Pにある下記の記述を読むとすっきりするのです。
 
=== 以下引用(VerificationとValidationは筆者が挿入)

V&Vの原理:なぜ検証だけではだめなのか?
•検証(Verification):「規定要求事項を満たすことを確認」
•妥当性確認(Validation):「特定の意図された用途又は適用に関する要求事項が満たされていることを確認」

•検証:正しく製品を作っているか?(Verification)
–仕様通りに作っているか?
–Are we building the product right?
•妥当性確認:正しい製品を作っているか?(Validation)
–顧客要求を満たす製品を作っているか?
–Are we building the right produce

=== 引用終わり

 
広い意味でのシミュレーションと実験の不確かさについても言及されています。さて、方法論が体系化されていることはわかったとして、それを実践するにはどうすればいいのか。次回の記事では、それを紹介いたします。

【DASSAULT SYSTEMES 工藤啓治】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学
【デザインとシミュレーションを語る】第四十二回 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ
【デザインとシミュレーションを語る】第四十三回 : なぜ想定設計か、何を想定するのか?
【デザインとシミュレーションを語る】第四十四回 : Vプロセスにおける性能設計と機能設計の役割
【デザインとシミュレーションを語る】第四十五回 : Model Based Design (MBD)手法に隠されている本質とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十六回 : 想定要求と意思決定とは
【デザインとシミュレーションを語る】第四十七回 : 既存技術の組み合わせ探索
【デザインとシミュレーションを語る】第四十八回 : 素性の良い基本設計を導くための思考支援
【デザインとシミュレーションを語る】第四十九回 : シミュレーションを基盤とした設計フロント・ローディング手法の体系化とその実現
【デザインとシミュレーションを語る】第五十回 : 計算品質を標準化する価値

工藤 啓治 (Keiji Kudo)

工藤 啓治 (Keiji Kudo)

工藤はCAE分野で38年の経験を持つエキスパートとして、CAE開発・販売、HPC活用・マーケティング、最適設計・ロバスト設計市場開拓などを経験し、現在はシミュレーションを活用した設計業務改革コンサルと自身のノウハウ形式知化に取り組んでいます。
Comments are closed.