【デザインとシミュレーションを語る】42 : 仕事の美しさと最適設計の美しさ

ダッソー・システムズ ブログ
【デザインとシミュレーションを語る】

 

【箸休めの章 美しさとデザイン】仕事の美しさと最適設計の美しさ

 

あるとき唐突に、仕事をしている姿は美しいなあ、と強く感じたことがあります。仕事に限らず、何かに集中して一生懸命やっている姿が美しい。一歩家の外を出ると、仕事をしている人たちに囲まれています。接客している姿、作業に没頭している姿、運転している姿、真剣に考えている姿、てきぱきとこなす姿、真剣に読んでいる姿、書いている姿、スポーツをしている姿、すべては何らかの目標を達成するために行っていて、集中する仕事、早い仕事、正確な仕事、丁寧な仕事、人を心地よくする仕事など、仕事にはその特性があってそれを最高に発揮すべく仕事をしているので、常に工夫し向上し、結果として、美しい仕事の姿になっているのだと。

 

そういう美しい仕事をするという行為は、人間行為の限界の上で行われていると考えると、最適設計の解集合限界線(トレードオフカーブ)に相当するのではないかと思ってしまいました。その反対に、手抜きをした仕事は、すぐに分かってしまう。改良する余地があり、中途半端なので、最適解線の上には乗ってないので、美しくない、すぐに手抜きをしたとわかってしまいます。

 

家に帰るとくつろいでいる状態は、緊張の糸が途切れているので、最適解集合には乗らない状態。さらに、くつろぎを超えて、他人には見せられない状態でだらけてしまっていると、これはもう最適解集合のはるか後にいる状態ともいえるでしょう。家族は、家でお父さんのだらしない姿しか見ていませんから、仕事での“美しい姿”なんか想像できないですよね。

 

よくモードチェンジといいます。家を出てすぐには仕事モードにならなくて、ある程度電車に揺られて会社や訪問先に近くなると、仕事モードになるということがよくあります。(最近は、パソコンと電話で、家にいてもモードがぐちゃぐちゃな場合多いですけれど、それは置いておいて。)人は、最適解上にある仕事モードと、プライベートな通常モードとを意識的にスイッチして切り替えています。

 

モノの設計との類似で言えば、性能を限界まで追求した設計はやはり機能美の究極であろうと思います。そこには、人間の明確な意図があり、曲線1本、部品や材料の選択と組み合わせすべてに設計上の意味があり、製品全体としての完成された一つの姿であることを思えば、美しくないはずがないのです。人間がその意図を徹底追及し、改善し、実施する行為は、自らの行為であれば仕事の美しさ、その結果であれば製品・作品やサービスの美しさにつながるのは当然のように思えますね。

【SIMULIA 工藤】

 

バックナンバー

【デザインとシミュレーションを語る】第一回:イントロダクション
【デザインとシミュレーションを語る】第二回:シミュレーションの分類
【デザインとシミュレーションを語る】第三回:シミュレーションは実験と比べて何がいい?
【デザインとシミュレーションを語る】第四回:シミュレーションは緻密な統合技術
【デザインとシミュレーションを語る】第五回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第六回:リアルとバーチャルの垣根をなくせたら?(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第七回:3D-CADは何のため?
【デザインとシミュレーションを語る】第八回 : CAE を志す人へのメッセージ(1)
【デザインとシミュレーションを語る】第九回 : CAEを志す人へのメッセージ(2)
【デザインとシミュレーションを語る】第十回: ソフトウエア・ロボットの誕生
【デザインとシミュレーションを語る】第十一回: 作業を自動化すること、その真の価値とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十二回: “自動化を進めると設計者が考えなくなる?"への回答
【デザインとシミュレーションを語る】第十三回 : パラメトリック性の本質は新しい組み合わせ
【デザインとシミュレーションを語る】第十四回 : Zero Design Cycle Timeの衝撃
【デザインとシミュレーションを語る】第十五回 : 「設計とは最適化」の奥深い意味を教えてくれた技術者
【デザインとシミュレーションを語る】第十六回 : スーパーコンピュータで行われていた大量の計算とは
【デザインとシミュレーションを語る】第十七回 : 最適設計支援ソフトウエアの衝撃的な登場
【デザインとシミュレーションを語る】第十八回 : サンプリングって、偵察のことです
【デザインとシミュレーションを語る】第十九回 :  設計空間でシミュレーションを考える
【デザインとシミュレーションを語る】第二十回 : 安易に使うと誤解を招く言葉“最適化
【デザインとシミュレーションを語る】第二十一回 : 世の中すべてはトレードオフ問題
【デザインとシミュレーションを語る】第二十二回 : Optimization、Trade-off、Synthesis
【デザインとシミュレーションを語る】第二十三回 : 最適解は失敗の学習結果
【デザインとシミュレーションを語る】第二十四回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(1)-森を見る利点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十五回 : ”設計とは逆問題”のココロは?(2)-解空間から設計空間を絞り込む
【デザインとシミュレーションを語る】第二十六回 : 100倍性能の高いコンピュータがあったら?―森と木の視点
【デザインとシミュレーションを語る】第二十七回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその1
【デザインとシミュレーションを語る】第二十八回 : シミュレーション(CAE) の精度向上という根本問題ーその2
【デザインとシミュレーションを語る】第二十九回 : ”歯車と棒”でわかるシミュレーションにおけるパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十回 : 1D-CAEの価値とパラメータ同定
【デザインとシミュレーションを語る】第三十一回 : Fidelityという概念とModel Based Designの関係
【デザインとシミュレーションを語る】第三十二回 : 品質に求める最高と安定と安心と
【デザインとシミュレーションを語る】第三十三回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十四回 : 製品ライフサイクルで考える不確かさと定量化の方法
【デザインとシミュレーションを語る】第三十五回 : シックスシグマの意味
【デザインとシミュレーションを語る】第三十六回 : ロバスト設計の価値と方法論
【デザインとシミュレーションを語る】第三十七回 : タグチメソッドとシックスシグマ手法の使い分け
【デザインとシミュレーションを語る】第三十八回 : Simplicityという製品哲学
【デザインとシミュレーションを語る】第三十九回 : ミケランジェロは機能美を理解していた!
【デザインとシミュレーションを語る】第四十回 : 設計者の感性とは美しい設計=機能美-「風立ちぬ」を観て
【デザインとシミュレーションを語る】第四十一回 : 自然と工芸、科学と工学

工藤 啓治 (Keiji Kudo)

工藤 啓治 (Keiji Kudo)

工藤はCAE分野で38年の経験を持つエキスパートとして、CAE開発・販売、HPC活用・マーケティング、最適設計・ロバスト設計市場開拓などを経験し、現在はシミュレーションを活用した設計業務改革コンサルと自身のノウハウ形式知化に取り組んでいます。
Comments are closed.