【国産スポーツEV開発の雄、GLMの登壇決定!】3DEXPERIENCE FORUM Japan 2019 (10/8 虎ノ門ヒルズフォーラムで開催 登録無料)

3DEXPERIENCE FORUM Japan 2019、今年は国内外のイノベーターをお招きし、事業のヒント、変革の方向感を確かめる二日間となります。

 

 

「自分たちが本当に納得のいく自動車をつくりたい」。その熱い思いと共に、一躍スポーツEV開発の雄となったのがGLMです。2010年に京都で創業し、2014年には国産EVの「トミーカイラ ZZ」を世に出しました。時代に先駆けて培った知見と独自の「プラットフォーム」を武器に、旭化成、帝人、京セラ、ユニバンスなど多くの企業とのコラボレーションを続けています。

 

10月8日(火)から虎ノ門ヒルズフォーラムで開催する「3DEXPERIENCE® FORUM Japan 2019」(主催:ダッソー・システムズ株式会社)の初日講演では、GLM株式会社代表取締役のジュリアン・・カー氏を迎え、プラットフォーム事業と完成車事業を両輪でまわす同社のビジネス戦略、持続可能な未来に向けたEV開発の可能性などを語っていただきます。

 

「持続可能な未来の電気自動車 (仮題)」[GS-1-4] GLM株式会社 代表取締役兼W.E. ソリューションズ・リミテッド (香港) チーフ・テクニカル・オフィサー
ジュリアン・カー 氏

 

ジュリアン・カー 氏

 

<講演者略歴>
自動車工学分野、電気通信、およびIT分野に豊富なキャリアを持つビジネス・リーダー。2019年6月にGLM株式会社代表取締役に就任。

 

参加登録は無料です。皆様のお越しをお待ちしております。

 

3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2019お申込みはこちら

 

【モビリティの未来がここに】 Day 2
(9日)の分科会「自動車・輸送機械・モビリティトラック」では日本を代表するOEMメーカーや、2019年のEV業界を席捲するゲームチェンジャーが登場。ほかにも「ハイテク」「産業機械」「イノベーション」の各トラックで、先行事例や業界トレンドをじっくり紹介します。Day 2 のアジェンダはこちらから

 

【なぜ今プラットフォームが必要なのか?】 Day 2 (9日)の「自動車・輸送機械・モビリティトラック」、15時からのセッションは 「日本の製造業を支えてきたアルゴグラフィックスが考えるプラットフォームとしての3DEXPERIENCE導入ポイント」 です。自動車業界の100年に1度の改革と言われている中で、日本のサプライヤー様の置かれている現実を直視し、アルゴグラフィックスの考える、進むべき方向性をご紹介します。

 

3DEXPERIENCE FORUM Japan 2019 インダストリー・ルネサンス - 持続可能な世界に向かうイノベーション、ビジネス、人】
会期:2019年10月8日(火) ~ 9日(水)
構成:
■ Day 1 (10/8) – [PM] 全体セッション、展示
■ Day 2 (10/9) – [AM/PM] 分科会、展示
会場:虎ノ門ヒルズフォーラム (東京都港区)
参加費:無料 (事前登録制)

 

3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2019お申込みはこちら

Comments are closed.