【残席わずか!】3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2019 Day2に今世界で最も注目されている新興EVメーカー2社が登壇!

10月8日、9日 虎ノ門ヒルズフォーラムにて開催
3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2019

 

今世界で最も注目されている新興EVメーカーCANOO社とBYTON社が登壇!EV市場に変化を起こすイノベーター企業による3DEXPERIENCEプラットフォーム活用事例をご紹介します。

 

オリビエ・べラン 氏
デビッド・ダイ 氏

 

Day 2:10月9日(水)13:00〜13:40

【A-4】Creating Mobility for the Future

CANOO Head of Operation オリビエ・べラン 氏

 

モビリティ業界は何十年も同じ問題に悩まされており、従来の方法では解決できません。
Canooはロサンゼルスに本拠を置くスタートアップで、サブスクリプション型のビジネスモデルに特化した電気自動車メーカーです。Canooのユニークな製品群および次世代ビジネスモデル、サブスクリプションモデルを通じて、モビリティのあり方に大きな変革をもたらしています。

 

Day 2:10月9日(水)14:00〜14:40

【A-5】 3DEXPERIENCEプラットフォームでBYTONのグローバルに展開する研究・開発部門の統合を促進

BYTON IT Senior Director デビッド・ダイ 氏

 

BYTONはグローバル本社と生産工場、および主要R&Dセンターを中国の南京に置き、シリコンバレーの北米本社では、インテリジェントカーのユーザーエクスペリエンスと自動運転向けアプリケーションなど、最先端テクノロジーの開発、および北米事業の開発と管理に注力。欧州のR&Dセンターは、ドイツのミュンヘンに拠点を置き、プロトタイプとコンセプトモデルの設計を担当している。

 

本セッションでは、持続可能性がイノベーションを推進する唯一の燃料であるこの業界で、BYTONが3DEXPERIENCEプラットフォームを活用してどのように変化を起こし、真のゲームチェンジャーになることを目指しているかを紹介する。

 

>>3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2019お申込みはこちら

 

■3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2019 概要

会期:2019年10月8日(火) ~ 10月9日(水)

会場:虎ノ門ヒルズフォーラム (東京都港区)

構成:Day 1 [午後] 全体セッション / Day 2 [終日] 分科会 / Day 1 & 2 展示

参加費:無料 (事前登録制)

主催:ダッソー・システムズ株式会社

協賛:パートナー各社

協力:株式会社ビジネス・フォーラム事務局

 

>>3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2019お申込みはこちら

ダッソー・ システムズ

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.