ダッソー・システムズ 季節のお便り:第2号

こんにちは。3DEXPERIENCE Labのプロジェクトについてご紹介する連載の第2回目をお届けいたします。
残り10回を予定しておりますので、お付き合いいただければ幸いです。

 

 

3DEXPERIENCE Labについては前号で簡単にご説明させていただきましたので、早速 2月カレンダー掲載のプロジェクトのご紹介に移りましょう。今月のプロジェクトは、心臓の3Dシミュレーションモデルを作成するLiving Heartです。

 

 

WHO (世界保健機関)の調査結果や米国心臓病学会が発行する医学雑誌Journal of the American College of Cardiologyに掲載された研究などによると、世界で最も多い死亡原因は「心疾患」であり、全世界における死亡原因の約3分の1は心臓病や脳卒中が占めています。日本人の死亡原因の1位は「がん」ですが、それ以降に2位「心疾患」、3位「脳血管疾患」と循環器疾患が占めており、心疾患は日本人にとっても「がん」に次いで死亡率の高い病気です。

 

近年、テクノロジーの急速な進歩により、患者自身の生活史やライフスタイル、環境に基づいて病気を予知し、処置をカスタマイズし、最善の治療法を選ぶことで、転帰の改善と副作用の最小化を図ることのできる、個別化医療が注目を集めています。

 

ダッソー・システムズは、人間の心臓の電気的および力学的挙動をシミュレーションできる3Dリビング・ハート・モデルを2014年5月に公開、翌年5月に商用化しました。また、同時に「リビング・ハート・プロジェクト」を立ち上げ、専門医、臨床医、学術、産業、承認機関などからの協力を経てさらに精度向上や機能追加をしています。リビング・ハート・モデルは、一般化したモデルで、心疾患の治療の医療機器開発などに利用されています。将来的には、心疾患の診断、治療、予防に役立て、革新的な患者体験(ペイシェント・エクスペリエンス)を創出します。このプロジェクトの最終目標は、心臓だけでなく全身を3Dモデル化する事です。

心エコー図、MRI、CTスキャンといった画像と、心臓病の研究データを組み合わせた、患者個人の3D心臓シミュレーションを実現することにより、医療専門家は、患者の心臓の挙動を、侵襲性を伴う診断手順を追加することなく、より的確に理解できるようになり、専門医の心疾患患者の治療方法に革新をもたらします。

 

このプロジェクトが心臓から始まったのには、リビング・ハート・プロジェクト担当エグゼグティブディレクターを務めるSteve Levine個人と深い関係があります。きっかけの一つは、Steveの娘が心臓の右心室と左心室が逆に配置されてしまう先天的な心臓の難病を患っていたことでした。医師から、彼の娘が30歳になる頃までは心臓が持ちこたえることができるだろうと告げられ、移植などの治療法の選択肢について話し合った時に、難病の為利用可能なデータに制約があることが問題だという結論に至りました。必要なデータを得るには彼女と類似した数千の症例が必要でした。そこで、Steveは車や航空機などの産業分野で用いられているシミュレーションを医療分野に応用し、心臓(のはたらき)をシミュレーションすることで、数千の症例を得られないだろうかと考えたのです。エンジニアリングの視点で人体の仕組みを理解しようと、プロジェクトを立ち上げました。

 

心臓でできたのであれば、ゆくゆくは心臓以外の部位でも同様のことが可能となり、ゆっくりしかし着実に体全体がモデル化されていくでしょう。より多くの患者を救う為、私達の体全体をモデル化し、シミュレーションできる未来もそう遠くないでしょう。

 

Steveの娘は現在20代で、4回のペースメーカー手術を経て医学部を卒業しました。「リビング・ハート・プロジェクト」へのSteveの情熱的で献身的な取り組みにより、プロジェクトの参加者や応用範囲は拡大し、心疾患治療の改善に向けて、一歩一歩前進しています。

 

Living Heartに関するより詳しい情報は、こちらからご覧ください。

 

今回は、心臓の3Dシミュレーションモデルを作成するLiving Heartをご紹介しました。次回は持続可能な海洋エネルギーを利用して潮力発電機を開発したEEL ENERGYについてご紹介予定です。また次号でお会いしましょう!

 

参考:

3DEXPERIENCE Lab
https://3dexperiencelab.3ds.com/en/

 

リビングハートプロジェクト
https://www.3ds.com/ja/products-services/simulia/solutions/life-sciences/the-living-heart-project/

 

SIMULIAリビングハート

リアリステック・シミュレーションによる高度な心臓血管系科学
https://www.3ds.com/ja/products-services/simulia/solutions/life-sciences/living-heart-human-model/

 

ダッソー・システムズが心臓の3Dシミュレーション・モデルを発表心臓病と個別化医療の研究に新たな地平を拓く
https://www.3ds.com/ja/press-releases/single/dassault-systemes-unveils-3d-simulated-heart-breaking-new-ground-in-the-study-of-heart-disease-and/

 

ダッソー・システムズ、リビング・ハート・プロジェクトで米国食品医薬品局(FDA)と研究契約を締結
https://www.3ds.com/ja/press-releases/single/-f6aa9fbf14/

 

ダッソー・システムズが手がける「リビング・ハート・プロジェクト」、心疾患治療の改善に向けて、さらに前進
https://www.3ds.com/ja/press-releases/single/dassault-systemes-living-heart-project-reaches-next-milestones-in-mission-to-improve-patient-car/

 

【医療分野のテクノロジー・トレンド】個別化医療の発展をもたらす5大テクノロジー
https://compassmag.3ds.com/jp/Industry/node_4144

 

Global, Regional, and National Burden of Cardiovascular Diseases for 10 Causes, 1990 to 2015, Journal of the American College of Cardiology, Volume 70, Issue 1, 1-25, July 2017
http://www.onlinejacc.org/content/70/1/1

 

公益財団法人日本心臓財団―期待される21世紀の心血管病対策
https://www.jhf.or.jp/publish/heartnews/vol26.html

 

WHOファクトシート 心血管疾患(CVD)(2017年5月)
https://www.japan-who.or.jp/act/factsheet/317.pdf

 

WHOファクトシート 死亡原因トップ10(2018年5月24日)
https://www.japan-who.or.jp/act/factsheet/310.pdf

 

<バックナンバー>

ダッソー・システムズ 季節のお便り:第1号

Comments are closed.