ケーススタディ:3DEXCITEの拡張現実プレゼンテーション~日産X-Trail~

WS000222
プレゼンテーションムービーはこちら

3DEXCITE (formerly RTT)のプレゼンは中国の東風汽車有限公司の日産X-Trail デビューで1800人の観客をあっと言わせました。

RTTは東風汽車有限公司の日産X-Trailの新モデルに拡張現実によるプレゼンを作成しました。成功した日産のフラッグシップ、Teanaのプレゼンを土台とした本プレゼンは技術的な特徴を焦点に捉え、デジタル化された車両を全く新しい角度から見せて視覚効果を高めました。

この30分間のプレゼンは東風汽車有限公司のセールス&マーケティング部門の副社長、Jason Yang氏が主にメディアからの1800人の観客に新車を紹介する形で行われました。エキサイティングな導入部では、アニメの車が大画面から飛び出すと一旦消え、その後再び出現するとバーチャルカーとしてステージを真っ直ぐ突き抜けました。その間、個々のパーツのイメージがステージ上に浮上し、ARプレゼン中、Yang氏はかってないインタラクションと詳細レベルで車の機能を説明しました。

「2013年、RTTの拡張現実プレゼンはブランドプレゼンの限界を押し広げ、非常にポジティブな観客の反応を得ました。RTTチームは今年もすばらしい活躍ぶりを見せ、前回の商品を上回る非凡な体験を創りだしました。高度なテクノロジーと創造性の融合の信奉者として、当社はこれからも世界と顧客を驚愕し続けるつもりです。RTTは前向きで独特なブランド創造を目標とする当社にとって完璧なスパーリングパートナーです。」東風汽車有限公司のセールス&マーケティング部門の副社長、Jason Yang氏はこう語りました。

<リンク>
3DEXCITEホームページ:拡張現実が再び活躍

Comments are closed.