【締め切り間近】 土木分野における幾何公差を適用した3D Annotated Modelの紹介【満席セッション多数】 3DEXPERIENCE JAPAN 2018 参加ご登録受付中!

 

会 期
DAY1:2018年5月30日(水)10:00〜/展示会場 12:00〜
DAY2:2018年5月31日(木)09:30〜/展示会場 08:30〜

会 場
ザ・プリンス パークタワー東京
〒105-8563 東京都港区芝公園4-8-1

主 催
ダッソー・システムズ株式会社

参加費
無料(事前登録制)

 

~3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2018
参加ご登録はこちらから~

 

<Day1:5月30日(水)17:20〜17:55>

AS-14「 土木分野における幾何公差を適用した3D Annotated Modelの紹介」

土木学会
建設3次元情報利用研究小委員会 3D Annotated Model WG主査
城古 雅典 氏

3次元モデルの幾何特性についての公差の設定は、寸法に着目した寸法公差ではなく幾何特性に着目した幾何公差を用いることの方がより的確に表現できると考えられる。本講演では、橋脚の3次元設計モデルに幾何公差のアノテーションのうち、橋梁躯体工,既製杭工(鋼管ソイルセメント杭)、鉄筋工(組立て)において,土木工事施工管理基準の規格値を満たす幾何公差の適用方法を紹介するものである。これにより,従来の寸法による表現に比べ、図面解釈の一義性が保証されることにより、あいまいさや解釈の違いが排除され、正確な情報伝達が行なわれるため、土木構造物の精度が向上するものと考えられる。

 

~3DEXPERIENCE FORUM JAPAN 2018
参加ご登録はこちらから~

ダッソー・ システムズ

ダッソー・ システムズ

3Dソフトウェア市場におけるパイオニアであり、3DとPLMソリューションのワールド・リーダーであるダッソー・システムズ(仏)の日本法人です。
Comments are closed.